top of page
katsuai_web1.jpg
  • filmarks
  • X
  • Instagram
  • Facebook
ABOUT

TRILOKA INTERNATIONAL FILMFARE AWARDS 最優秀賞受賞

New York International Women Festival 最優秀美術賞 最優秀撮影賞賞受賞

5月18日(土)より新宿K’s cinema

他全国順次公開

theater.png

名古屋
​・シネマスコーレ 9月上映予定

 http://www.cinemaskhole.co.jp/cinema/html/

大阪
シアターセブン 6月1日(土)~6月7日(金) 終了
 https://www.theater-seven.com/

 

trailer.png
INTRODUCTION

知ることは、優しさへの第一歩

友の出生前診断しゅっせいぜんしんだん)をきっかけに

妊娠・出産について取材をし、実話を基に制作した群像劇

yamaoka_arita_bedroom_web.jpg
INTRODUCTION
introduction.png

普通って難しいな」

子供を望んでいた山元眞希が妊娠したのは、難病を抱えた障がい児だった。

映画『渇愛の果て、』は、「家族・人間愛」をテーマにし、あて書きベースの脚本で舞台の公演を行なってきた「野生児童」主宰の有田あんが、友人の出生前診断(しゅっせいぜんしんだん)の経験をきっかけに、助産師、産婦人科医、出生前診断を受けた方・受けなかった方、障がい児を持つ家族に取材をし、実話を基に制作した、群像劇。シリアスな内容ながら、大阪出身の有田特有の軽快な会話劇を活かした作品で、有田が監督・脚本・主演を務め、長編映画監督デビュー作となった。

助産師・看護師・障がい児の母との出会い、家族・友人の支えにより、山元家が少しずつ我が子と向き合う様子を繊細に描きつつ、子供に対する様々な立場の人の考えを描く。

bed_ninpu_web.jpg

夫・良樹役には、『エッシャー通りの赤いポスト』の山岡竜弘。

輝有子が助産師・清水香苗役を演じた他、主人公・眞希の親友グループは、母親としての先輩・里美役で小原徳子、未婚の女優・桜役で瑞生桜子、仕事を理由に妊娠を先延ばししているキャリアウーマン・美紀役で小林春世が出演。出生前診断の是非に悩んだ経験のある里美の夫・博役で大山大、美紀の外国人の夫・ミッケル役で伊藤亜美瑠、「役者だけに集中したい」と言う桜の彼氏・隆役で二條正士が出演し、男性側の悩みを体現する。また、眞希が唯一本音を吐露できる相手である、妹・渚役で辻凪子が熱演する。

all_party_web.jpg

眞希を支える看護師役で烏森まど、廣川千紘、伊島青、カウンセラー役で内田健介、カフェの店

員役で藤原咲恵が出演する他、同じく難病を抱えた子を持つ母役でSDN48 元メンバーで現在は

作家の大木亜希子、夫・良樹の同僚役で松本亮、医師役で関幸治、主人公の母役でみょんふぁ、

父役でオクイシュージが出演し、脇を固める。

nagi_myonfa_okui_baby_w_web.jpg

20人〜30人に1人が何らかの先天異常を持って生まれる現代。答えは一つではなく、本作は、眞

希と親友との友情や病院スタッフ側の心情などを通して、出生前診断・妊娠・出産・障がいに対

する様々な考えや選択肢を提示する。

katsuai_web5riverside.jpg
STORY
story.png

元眞希は、里美・桜・美紀の4人から成る高校以来の親友グループに、「将来は絶対に子供が欲しい!」と言い続け、“普通の幸せ”を夢見ていた。妊娠が発覚し、夫・良樹と共に順風満帆な妊婦生活を過ごしていた眞希だが、出産予定日が近づいていたある日、体調不良によって緊急入院をする。子供の安否を確認するために出生前診断を受けるが、結果は陰性。胸をなでおろした眞希であったが、いざ出産を迎えると、赤ちゃんは難病を患っていた。

 

我が子を受け入れる間もなく、次々へと医師から選択を求められ、疲弊していく眞希。唯一、妹の渚にだけ本音を語っていたが、親友には打ち明けられず、良樹と子供のことで悩む日々。

 

そんな中、親友たちは眞希の出産パーティーを計画するが、それぞれの子供や出産に対する考えがぶつかり・・・。

COMMENT
comment.png
arita an_rooftop.jpg

監督・脚本・主演:有田あん

ー知らないことが多すぎるー
妊娠中の友人の相談を聞いた時に何度も感じた。
妊娠、出産。当然だが、今生きているのはお母さんが妊娠して出産してくれたから。
ということはどんな考えを持っていても関係ない人なんていない。
しかし、前のめりにならないと知る機会がない。私自身も、「いつか」と思っていた。
「こんな大事なこと、誰か取り上げてくれないかな」
悩みに悩んだ友人が私に言った。それがこの映画の第一歩となった。

妊娠・出産に不安はつきものだがその実態は本人しか分からない。
急に母親父親になり莫大な情報量に悩む。診察室で医師とどんな会話を交わすのか。
そもそも妊娠するまでにも沢山のドラマがある。やむを得ない事情で中絶する方もいる。
自分の両親はどんなことで悩んだのか、いつも見かけるあのご家族はどんな苦難を乗り越えたのか。
そんなことを考えられるきっかけがあったら、少しだけ優しい世界になる
んじゃないか。

未来の選択肢が広がるんじゃないか。そう思い、このテーマに向き合うことを決めた。

私はこの映画制作をきっかけに妊活・不妊治療を始めた。
想像していた以上に「孤独」だった。

初めての事への不安と情報量の多さにストレスも溜まる。
身体の変化を体感できない男性は、何を言葉にしていいか迷う時もある。

男女共に、周囲に話しづらかったり、理解してもらえないもどかしさも感じるだろう。

時には自分を責めてしまう時もある。
そんな方々に「どんな決断も間違っていない」と伝えたい。

この映画が大切な人と話すきっかけになったり、

皆さんの未来の選択肢が増えると幸いです。

comment.png

監修:

洞下由記(産婦人科医)

本作の医療監修のお話しをいただいたとき、この簡単ではないテーマをどう描くのかと、

過去の患者さん達の顔とともに様々な思いがよぎりました。

しかし、有田さんに会って、自分とその周りに起こった実体験を共有したいという想い、

知るべきであるという信念を感じ、それは私が医療現場で思っていることと同じでした。


何事も受け入れるということは、簡単ではなく時間もかかります。

1人になりたくて、でも1人じゃなくてよかったと思えるまでにも時間がかかります。

本作にでてくる人達はみんな、正解のない課題を本気で自分ごととして考えてくれる人達。

人のことは誰にもわからないと言いながらも、ほんとうは何かを想像し、

その中で自分ができることをやるしかないと、泣いて笑って逃げずにいてくれる。

もちろん当事者も、自分の中の正解を探し続けます。


私は産婦人科の臨床医として、今でも正しかったのかどうかわからないことはあり、

これでよかったと思える時はいつか必ずくる、とは言い切れません。

でも、今、目の前で苦しんでいる患者さんのまわりに、

この作品のように寄り添う人たちがいてくれたらと、心から願います。


強さも弱さも等身大で描かれているこの映画が、たくさんの方々に届きますように。

INTRODUCTION
comment.png

取材協力:

高杉絵理(助産師サロン)

授かった命を目の前にして、産む・産まないの選択を迫られること、
こんなに難しく、辛い選択はないように思います。
助産師として、こういう現実があることを多くの人に知って欲しいと思いました。
そして、それは苦しいことだけど、誰にでも起こりうる可能性があること、
自分だったらその命とどう向き合うか考えて欲しい。

助産師は人生に寄り添う仕事です。
ひとりひとりに丁寧に寄り添い、

その人が納得できる結論を出すことを
時には1番近くで、そして、距離を保って見守っています。
どの選択にも正解はないと感じています。
私だったらどうするかな、と毎回考えます。
一緒に悩み、泣き。。想いを共有します。
私も助産師である前に1人の女性であり、そして母です。
この映画の主人公のように、悩んだ経験もあります。

産んで良かったのかな。

たくさんの人がいろんな想いを抱えて妊娠・出産し、そして育てています。
「知らない」ということで済ましてほしくない。
「知って」「向き合って欲しい」
これが私が伝えたかった想いです。
そして、出来上がった作品を観た時に、
これまでの私の助産師人生や母としての体験が走馬灯のように巡って
涙が止まらなくなりました。
寄り添ってきたこれまでのたくさんの生命の重さが込められていたからだと思います。
ぜひ、たくさんの人に知って欲しいです。
そして、心で感じて、考えて欲しいです。
ひとつの命と向き合
うということを。

katsuai_web2sm.jpg
cast.png

田あん 山岡竜弘

輝有子  小原徳子 瑞生桜子 小林春世 大山大 伊藤亜美瑠 二條正士 辻凪子

烏森まど 廣川千紘 伊島青 内田健介 藤原咲恵

大塚菜々穂 峰つばき 工藤成珠 柳明日菜

大木亜希子 松本亮 関幸治 みょんふぁ オクイシュージ

prf_1_arita_an.jpg

山元眞希

有田あん An Arita

prf_2_yamaoka_tatsuhiro.jpg

山元良樹

山岡竜弘 Tatsuhiro Yamaoka

prf_3_kii_yuko.jpg

清水香苗(助産師)

輝有子 Yuko Kii

prf_4_kohara_noriko.jpg

 竹中里美

小原徳子 Noriko Kohara

prf_5_mizuki_sakurako.jpg

白井桜

瑞生桜子 Sakurako Mizuki

prf_6_kobayashi_haruyo.jpg

東堂美紀

小林春世 Haruyo Kobayashi

prf_7_ooyama_hiroshi.jpg

竹中博

大山大 Hiroshi Oyama

prf_8_itoh_amir2.jpg

東堂ミッケル 

伊藤亜美瑠 Amir Ito

prf_9_nijo_masashi.jpg

中西隆

二條正士 Masashi Nijo

prf_10_tsuji_magiko.jpg

武田渚

辻凪子 Nagiko Tsuji

prf_9_ooki_akiko.jpg

佐伯りか

大木亜希子 Akiko Ohki

prf_12_matsumoto_ryo.jpg

石井竜 

松本亮 Ryo Matsumoto

prf_8_seki_.jpg

佐藤兼次

関幸治 Koji Seki

prf_14_Myunghwa2_edited.jpg

武田洋子

みょんふぁ Myunghwa

prf_15_okui_shuji2.jpg

武田健司

オクイシュージ Shuji Okui

web_uchida_w800.png

水野浩二(遺伝カウンセラー)

内田健介 Kensuke Uchida

web_karasumori_mado_800.png

桜庭もも(看護師)

烏森まど Mado Karasumori

web_hirokawa_800.png

秋山竜子(看護師)

廣川千紘 Chihiro Hirokawa

web_ijima_sei_400.png

小島セイカ(看護師)

伊島青 Sei Izima

web_fujiwara_cafe_800.png

木ノ花香奈(カフェ店員)

藤原咲恵 Sakie Fujiwara

web_00tauka_w1000.png

武田眞希(高校時代)

大塚菜々穂 Nanaho Otsuka

web_mine_w1000.png

竹中里美(高校時代)

峰つばき Tsubaki Mine

web_kudo_narumi2_w1000.png

臼井桜(高校時代)

工藤成珠 Narumi Kudo

web_yanagi_w1000.png

東堂美紀(高校時代)

柳明日菜 Asuna Yanagi

katsuai_web6train_w.jpg
STAFF
staff.png

監督・脚本・プロデュース:有田あん

監修医:洞下由記 

取材協力:高杉絵理(助産師サロン)

撮影:鈴木雅也、谷口和寛、岡達也

編集:日暮謙

録音:小川直也、喜友名且志、西山秀明

照明:大﨑和、大塚勇人 

音楽:多田羅幸宏(ブリキオーケストラ)

歌唱協力:奈緒美フランセス(野生児童)

振付:浅野康之(TOYMEN)

ヘアメイク:佐々木弥生

衣装監修:後原利基

助監督:藤原咲恵、深瀬みき、工藤渉

制作:廣川千紘、鈴木こころ、小田長君枝

字幕翻訳:田村麻衣子

配給協力:神原健太朗

宣伝美術・WEB:金子裕美

宣伝ヘアメイク:椙山さと美 

スチール:松尾祥磨

配給:野生児童

2023/日本/97分/カラー/アメリカン・ビスタ/ステレオ

©️野生児童

contact.png
お 問 い 合 わ せ
yamaoka+3mens_bar_web.jpg
bottom of page